96/02/12

いや〜クレアラシルの広末涼子ちゃんはカワイイっすねー
(↑ロリコンだなぁおれ)


 とゆータイトルとは全く関係なくこの日の続き。弱い頭で考えてみたりしち。

 例えば(あくまで「例えば」っすよ)、ハワイの学生さんみたいに海外の大学に留学して、向こうでホームページを持つ人もいるっす。で、学生さんが自分のページにマル秘エロエロ画像(当然、日本国内では見せられんはずの、アンドロメダ形状のモノとかトーテムポールとかがバッチリのやつ)を張っておいたとする(フィクションすよ。そんな事実はナイですからね)。これ、別にアメリカの国内法では全然オッケーすよね。ところが、ボクチンみたいなバカチンが、学生さんのところの「金髪Eカップギャル大交尾中」画像(だから、フィクションだってば)にリンク張っていたとしますわな。そーすると、バカチンのボクチンは捕まっちゃうのでしょうか。それとも、イランで勝手に死刑判決受けちゃったサルマン・ラシディ氏の如く、ハワイの学生さんは日本におちおち帰国も出来なくなっちゃうのでしょうか。

 今回の「事件」でイマイチすっきりしないのは、おまわりさんがどーゆー基準で「タイホだタイホだタイホだ〜」((c)赤塚不二夫)となったのかがよくわかんないわけ。どこまでやると捕まっちゃうのかがハッキリしないから、ちょっとヤ。そのへん明確な基準もなしに、恣意的にやられてもたまんねーし。
 まー今回のは、「自分自身が契約したプロバイダの、自分用のディレクトリに入れた画像」が、「誰でも見られるようにしてあった」というところが問題なんだろうけど(でも見るのは、見る側の勝手だよなーとも思うし、なんでええ大人が「ちんこやまんこやおしりの穴を見てはイケマセン」などと言われにゃならんのかとも思うが、そこはおいといて)、いまや海外のサイトにホームページを持つ人も多いし、そーゆー人はどーなるんだろう。国内法の適用を受けるんだろうか。ましてや、海外の他人の持ってる画像に勝手にリンク張るとどーなるんだろーか。そのへんがよくわかんないです。誰かおしえてえらいひと。

 おまわりさんにページをチェックされているつーのもすんげーヤなんだけどさ。


back