96/03/21

勇者ガルニエ


 一週間以上開いてしもた。ドラクエなんてやるもんじゃねー。ありゃヒマ人のやるもんだ。


 でドラクエの話なんですが(泣)、ついつい主人公の名前を「ガルニエ」とつけてしまう。5をやったときもそうだった。主人公が白人のハンサムな少年のイメージが強いのでつい(実在のローラン・ガルニエはハンサムだけど少年じゃないっす)。今回は他のキャラクターも名前が変更できるので、みんなテクノ関係の名前にしてしまった。ドラゴンは「たっきゅ」だし、「まりん」に至ってはスライムだ(泣)。あ、まりん似の人ゴメンナサイ(笑)。ハッサンは「デリック」で、テリーは性格悪そうなので「デヴクラ」と名づけてやった。何やってんだおれ(泣)。


 しっかし、想い出波止場の「金星」しみじみえーわ。おしっこちー((c)あこ)。みなさんテクノばっかし聴いてちゃダメですよ。


 でテクノの話なんですが(泣)、ずっと前から「私家版テクノ論」みたいなのをまとめようと思いつつも全然まとまらないっす。「クラフトワークにおけるfunkness」とか、「4つ打キックの切り開く地平」とかいろいろテーマはあるんだけど。
 立場としては「アンチ・テクノ神秘主義」(除く細野さん)でして、フニャチンニューエイジアンビエントは滅ぼす!谷崎テトラf**k!(←河原崎さんによると「いい人」らしいけど、ニューエイジって、「いい人」の陥りやすい罠だと思うっす。そりゃもちろん人格が円満なことには越したことはないですが)イルカと海へとっととお帰り!とゆー、アリガチな「頭の中だけ大変な勢い」状態(泣)。とりあえず「いいじゃん、キモチよければそれで」的な所にテクノを落とし込みたくないつー思いはあふれています。ひろしげくん、のーみそ分けて(泣)。
 4つ打キックを様式美メタルの泣きのギターと同次元で語ってはイカン、とだけ今は言っておきます。


 そーいえばコレも更新せねばならんすね。17番と18番は入手したし。
 で「入手したぜ、へっへ〜ん。えへんぷい」つってたらまさひろ師から「そういえば19番と20番も出てましたね」って冷や水(泣)。

 あんまし関係ないけど、こんなこと書いてたら、アメリカ方面らしき人から、「ここってUnderworld関係のsiteじゃないの?でも文字がないっすよー」つーメールを頂いちまったです。「ここは日本語で書かれてて、Underworld関係のsiteでもないです」って返事だしたら、「ああゴメンゴメン、そんなのjpって見たらわかるのにね」ってエラク丁寧に謝られてしまった。なんつーか、最近のサーチエンジンの威力の恐ろしさを垣間見る出来事つーか。
 こんなチンカスページにまでサーチエンジンの魔の手は伸びる。ネット検閲流行の昨今、悪用しようと思えばナンボでも、つーことで、ちょっとイヤ。CyberAngel?カンベンしてくれー。


 コレどっしよっかなー。やめちゃおかなー。塚田さん待ってますよー(泣)。


 水島君のこのご意見は、「わしらは、女の子のページだから見に行くんじゃなくて、そのページが面白いから見に行くんじゃい」つーことなら全く同感っす。
 それと、別にネットラに限ったことじゃないんだけど、翻訳物の女性に対するインタビュー記事を読むと、やたらと「〜だと思うの」だとか、「〜だわ」とか「〜のよ」とかいう語尾が目に付くっす。気になってしょーがないっす。今時こんなしゃべり方する人って、そうは多くないんじゃないすか?読みながら、「オマエは新劇女優か?」とツッコミを入れてしまうです。あんまし関係ないか。でも、無意識の内になんか「女性」つーもんの枠を想定し規定しているところが似ているような気も。コジツケくせー。
 わしのこの日記は見事な言文一致を誇っております(笑)。誇るなっつーの。


back