96/06/27-28

脳波200MHz


26日に買った雑誌

27日に買った雑誌
 クイックジャパンがまだ手に入らん。やーね、田舎って。


  内輪褒めはやめようっつーか(笑)。照れるじゃん。でも、おればきおのマジでセンス好きだよん。ばきおラヴ☆
 あんたらと知り合えてしゃーわせですわ→ダメ方面。


 そーゆーわけでカオリン姉様もダメ人間MLに入りませんか?(笑)
 いまダメ休止中だけど。


 さて、27日はApollo S-D-I Featuring Ritchie Hawtinつーことで、今日(28日)の出勤をブッチしてまで行って参りました。

 8時前頃にシュガーリストに顔出す。i-D Barの場所がわからんので社長の佐藤さんに連れて行ってもらうことに。閉店後佐藤さんと飯。佐藤さんはおいしいお店いっぱいご存じです。味噌かつ喰ったんですが、これがメチャ旨&ヴォリューム満点ナリ。また太っちゃう〜ん(泣)。場所?教えてやらん(ニヤリ)。矢場とんじゃないですよ。
 そのまま歩いて栄方面へ。i-D Barは住吉町とゆー繁華街のド真ん中にあります。壁面は一面キース・ヘリング。i-D BarのロゴはWarpそっくり。著作権大丈夫かよ(笑)。
 中に入って有害電波研究所のお二人さんにご挨拶。謎の中華風衣装、あんたらクーニャンか(笑)。でも二人ともカワイイ。どきどき。カエちゃんのスカート姿つーのも珍しいです。なんか前日(26日)の晩に何度も電話貰ったみたいでゴメンねカエちゃん。しゆしみしてたっす(泣)。
 高校時代の同級生の女の子にばったり。おととしのTAB5以来。
 オカさん@Grooveyardとも少し話したです。Magoは移転つーことらしいけど、まだ次の場所は見つかってないみたい(泣)。オカさん+オオシマさんのGrooveyard組+中原さん@DopeTechnixで、8月か9月ぐらいに大阪のロケッツで回すらしいです。大阪のテクノ者の度胆抜いてやれーつーか。
 さてそんなこんなで10時にOpen。一番バッターはチグサちゃん。最初はすこしおとなしめかなーなんて思ってたんだけど、開始20分ぐらいで飛ばしはじめ、もうすっかりエライテンションに。バキバキに気合い入りまくり。わー、なにこれ?楽しい楽しいタノチー!ハード&ミニマル&凶悪&充血&脳死寸前!フロア早くも発狂!!前からチグサちゃんは丁寧に回す人で、そーゆーところはさすが女の子だなーって思っていたんですけど、今日は丁寧さはそのままにエライパワフル。凄すぎ。佐藤さんに「チグサちゃんってこんなにすごかったっけー?」と聞きまくり。あとからやってきたしもだんさんも「すごいすごい。何このテンション」と語る。マグナムレコードの平尾君も大暴れ。「男子三日会わざれば即ち刮目して見よ」なんて言いますが、女子だってアータっつーか。
 最近男気ガールに弱いボクチンですが、ホントに男気なプレイっす。惚れますわ(ってアンタそればっかりやがな)。
 11時半頃にひららさん登場。朝まで踊って翌日はWindows Expoとは何か。
 0時ごろにリッチーに交替。黄色い歓声がちょっとアレだけど、まあしょうがないわな。リッチーも最初は落とし気味のプレイだけど、すぐにド・ハード・ミニマル攻撃に入る。ほげー。カッチョええ&ウマイ!!さすがプロ!という感じのプレイ。縦フェーダーやEQの使い方、あと選曲の上げ下げには本当に感心してしまいます。リッチー先生、抜きどころもバッチリ心得てらっしゃいます。勉強になるっす。佐藤さんいわく「なんか頭の中のクロックを操作されてるみたい」。うまいことおっしゃいますな、社長(笑)。
 しかし、わしの方が体力続かず、1時半ぐらいに一旦テーブルで半分寝る。よえー(泣)。
 気がつきゃリッチーは"PLUS8050"をかけてプレイを終えていたです。2時すぎぐらい。
 それにしても、リッチーの後方でKachickersのビデオが流れているっつーのはクラクラしますな。
 さて次はカエちゃんのプレイ。あらまあ今日はどうしちゃったの二人とも!カエちゃんのプレイもこれまたすげーテンション!メチャクチャ強度高し!カッチョエエ!30直前男は体がついていかん(大泣)!オレ様ビックリマークばっかり!
 リッチー効果なのか?本当に気合いの入ったプレイ。いやー、男気(泣)。いつもは「緻密のチグサ、豪快のカエコ」つー印象なんですが、今日はカエちゃんも緻密&豪快。いつものパワフルさにも輪がかかっていました。
 4時ごろからはチグサちゃんもブースに入って二人プレイ。そーか、こーゆーのもアリか。今まで見たことなかったけど、有害電波の二人がニコニコしながら、ヘッドフォンを交替でつける姿は見ているだけでなんかほのぼの。選曲も808Stateの"Time Bomb"やURの"Hi-tech Jazz"などのヒット曲中心だったけど、すごく親しみやすくてイイ感じだったです。そのままニコニコ&ほのぼの気分で5時ごろ終了。

 リッチー先生ももちろん「これぞプロ!」つー感じで良かったんですけど、それ以上に有害電波の二人のプレイが良すぎ。もちろん、細かいテクとかはリッチーの方が勝っているんだけれど、それ以上に二人の心意気パワーが勝っていたと思うです。
 「うちの娘たちは、ほんに何処へ出しても恥ずかしゅうない、自慢の娘どすえ〜」
つー感じですわ、マジで。二人のご両親に「いい娘さんに育てなすった〜」と言ってあげたい気分(なんだそりゃ)。なんか「リッチー、わざわざカナダからご苦労さん」みたいな。二人があのテンションを保ったままのプレイなら、ロケッツだろうがリキッドルームだろうがRainbow2000だろうがラヴパレードだろうが、どこへ行ってもへっちゃらです。つーのは言いすぎか。いや。そんなことはないっ!(キッパリ)

 つーわけで、楽しい一晩を過ごさせてもらったのでした。あー、しゃーわせ。
 もしも全国のクラブ関係者でこれをお読みの方がおられたら一言。
 有害電波研究所、要注目ですぜ。先物買いなら今だ!


back